おきらく社労士のどたばた雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS おきらく社労士の虚と実…

<<   作成日時 : 2011/10/26 07:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日は、社労士推進月間ということで、当該会場へサクラ部隊として切り込んでおりました。
   ハァハァ (°∇°;)\( ̄ -  ̄ ) ソノクライニシトケ



会場に着くと…

社 「ご相談の方ですか?」
お    (`◇´)ゞはい!そぅであります。

    さすがに、サクラ部隊であります。(爆)

社 「御相談内容は…」
お 「遺族厚生年金がもらえる恋人を作る方法を…」

どうぞこちらへと、通されたブースでは、
お香が焚かれ薄暗い雰囲気の下
テーブルの上には、水晶玉が置かれ

チャドを装着した女性社労士さんが

     貴方の人生で・・・・・・

そんなんあったら楽しいでありますが、実態は

お 「遺族厚生年金がもらえる恋人を作る方法を…」
社   無理! 忌避! 却下!

こんなもんですw

因みに、「社」とあるのは、当ブログで1年に数回ご登場願う
美人社労士F先生であります。

F先生曰く、チェックしてたら「サクラ部隊の動員が…」とか書いてあったから
来られるかなって思ってましたと、仰ってましたが。。。

   チェックされていたとは( 一一)


こんなバカ話をしているようで、その実、どうしようもない現実に直面して
法律上年金がもらえない事実を告げるような事案もあるのです。
現場の舞台裏はでは、WM(ウインドウマシーン=年金加入記録が確認できる端末)を
駆使して、なんとか受給できる道はないのか、走り続けるのです。

   おきらく社労士に関することは事実を面白く書いてあったとしても…
   
それ以外の話を、こういうところで書けないし、書きたくもないわけであります。
だから、ここは「虚」の世界なんですよね。

虚と実の間で、遊んでいるのでありますが…(^^ゞ




紛争解決手続代理業務試験 受験対策セミナーのお知らせ
岩手会場のお知らせ。 開催日:11月5日



おきらく社労士の特定社労士受験ノート〈平成23年度版〉

おきらく社労士の特定社労士受験ノート〈平成23年度版〉

  • 作者: 佐々木 昌司
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2011/06
  • メディア: 単行本






↓ ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
↓ ついでに ぽちっとクリック、お願いします。


ブログリンク ブログランキング(法律・法学部門)に参加しています。


↓ できれば もう一発 ぽちっとクリックお願いします。(^^ゞ

にほんブログ村 士業ブログへ 日本ブログ村ランキング士業部門に参加しています。



お硬いネタ好きの方はこちらへ(笑)
おきらく社労士のどたばた雑記帳@マジメ

プロジェクトT(テレビドラマ化を目指して)
おきらく社労士の事件簿






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>虚と実の間で、遊んでいるのでありますが…(^^ゞ

芸談にこういうのあったなあと思ってググったら近松門左衛門でしたね。おきらくセンセのサクラも芸の域に達しましたか?(^o^)丿


ぺこちゃん
2011/10/26 09:33
ぺこちゃんさんへ
>近松門左衛門でしたね。おきらくセンセのサクラも芸の域に達しましたか?(^o^)丿

まだまだ、ですなぁ…人様から、すぐばれるウソをつくって言われるぐらいですから(^^ゞ
おきらく社労士
2011/10/26 10:03
こんにちは。昨日は失礼いたしました。
セミナー会場のサクラ部隊なのかな…と思っていたら、相談会場の方でお会いできて驚きました。
あの後、無事にお弁当箱も購入されたようで、何よりです。

>その実、どうしようもない現実に直面して

ドキッとしますが、相談者の方には、せめて、何かの道案内ぐらいは出来れば、と思うのですが…。
とりあえず、日々精進します。
それでは、また。



社労士F
2011/10/26 19:39
社労士Fさんへ
本来は、セミナーの動員だったのですけど、金へんの会社でエントリーしたのちはフリーですがな(笑)

>ドキッとしますが、相談者の方には、せめて、何かの道案内ぐらいは出来れば、と思うのですが…。

本当に、法律上いかんともしがたい事態に直面した時、法にもっと慈悲があってもと思うことがあります。この感覚が残っている間は、社労士業をしていてもいいかなって思うのです。先生の仰っていたこと、痛いほどわかります^^
これ以上はここでは書きませんけど。
おきらく社労士
2011/10/26 20:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
おきらく社労士の虚と実… おきらく社労士のどたばた雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる