紛争解決手続代理業務試験の場外乱闘

昼から、ブログを書きながら必死こいてプリンターが稼働しておりましたが、送り先をプリントアウトしている間にツイッターでは、昨日の紛争解決手続代理業務試験第2問小問(1)で受けられる場合はなにかという論議に…




面妖な…葉書が100枚程余ったぞ

   なんでやろ。。。

個々の発送人の印刷物に関しては、端数切り上げで
印刷したのでありますが、おきらく社労士事務所で230枚
事務所関係150枚、友人関係45枚、親戚関係20枚

15枚ほど、ストックをかけていたのでありますが…

   なんでやろ???

まぁ細かいことを気にしないで起きましょう(^^ゞ


昨日は、@マジメの方で一大イベントがありその余波で
10時まで寝ており、その後ごぞごぞしながら、印字していたのでありますが
ツイッターでは別の論議が進んでおります。(笑)

昨日の紛争解決手続代理業務試験で

特定社会保険労務士甲は、従業員50名ほどのB株式会社に勤務していたAから、B株式会社を生産縮小に伴う配転拒否を理由に解雇されたので、復職を求めてAの代理人として都道府県労働局長に対するあっせん手続を申請して欲しいとの相談を受けた。

甲の弟がB株式会社の常務取締役の地位に就いている場合、甲はAの依頼を受けることができますか。

完全に受けてはならない事案なのですが、これを受任できるとした場合の考察合戦が展開されております。
この場合、B社常務取締役である弟と特定社労士甲を切り離す必要があり、それをどうするかということになりました。

か 「倫理1問目受任できると書いた先生の救済のために受任できる案を考えてみます」
お 「倫理の小問(1)はきついぞ… 」
か 「うーんきついなぁ。いかにして甲と常務取締役を切り離すかですねぇ
   家族とはいえ甲と弟は別人格であり関係は無い。したがって、
   この案件については受任できる。でも一般常識的には苦しいなぁ。」

※ 以下の部分コメントを頂戴し、削除いたしました。

不愉快な思いをさせましたこと、お詫びいたします。
反省したことに対しては、今後に活かすべく努力したいと思います。


迷走する、特定社労士団とその予備軍の会話でありました。

   しかし、マニアだよなぁ




↓ ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
↓ ついでに ぽちっとクリック、お願いします。


ブログリンク ブログランキング(法律・法学部門)に参加しています。


↓ できれば もう一発 ぽちっとクリックお願いします。(^^ゞ

にほんブログ村 士業ブログへ 日本ブログ村ランキング士業部門に参加しています。



お硬いネタ好きの方はこちらへ(笑)
おきらく社労士のどたばた雑記帳@マジメ

プロジェクトT(テレビドラマ化を目指して)
おきらく社労士の事件簿



おきらく社労士は、喪中のため年末年始のご挨拶をご辞退させていただきます。平にお許しを…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひでお
2010年11月21日 22:00
倫理①について、
「基本的に受任しても良い」
と記載してしまった類の者です。

当該事件には社労士法の制限が無く、
例え弟であっても、これまで社会保険労務士として業務上B社と関わったことが無く、
甲には守秘義務が課せられるから、弟に当該事件の事を話す事も許されない。
なので、Aの権利実現の為の障害も無いと思われるから受任することが出来る。
但し、結果によってはAから業務に関する公平性を疑われかねないから、事前にAの同意を取ることが望ましい。

といった事を書いてしまいました。。。
今思えば、何でこんな事を書いてしまったのか、悔やまれます。
このような内容では部分点を貰う事も難しいでしょうか?

最後に、受験生を応援する本の出版をされているお方が、誤った回答をしてしまった受験生をネタに面白おかしく記載されている事について非常に不愉快に思います。
講師としての信用・品位を害するような行為は差し控えて頂ければ幸いでございます。
あかりん
2010年11月21日 22:32
(~へ~;)う-ん
設問そのものをネタにしているのであって、決して受験生をネタにしているわけではないのですが・・・
不愉快な思いをされたのであれば、申しわけありません。
2010年11月21日 23:04
ひでおさんへ
メールに気づき、急ぎ削除いたしました。不愉快な思いをさせましたこと、深くお詫びいたします。

最初は、受任できる場合の理由付を考えていて、甲と弟の切り離しの方法から、脱線してしまいました。

>このような内容では部分点を貰う事も難しいでしょうか?

受任する展開としては、よい展開となっています。
この部分「但し、結果によってはAから業務に関する公平性を疑われかねないから、事前にAの同意を取ることが望ましい」が活きてるを思いました。私ならここに何点か差し上げたいのですが…

採点者がどのように評価するかなのですが、採点基準が公開されていないため、加点については何とも言えません。
ごめんなさい。

小問(2)はどうだったのでしょうか?
第2問の30点中10点以上確保できれば、第1問で挽回できるのですが…

かなち
2010年11月22日 00:01
私が最初に受任出来る答えがないのか検討を始めたのがきっかけでこうなってしまいすみませんでした。
反省しております。

ひでおさんのお答えのように、
甲と弟の関係が切れる理由が書くことができれば、得点は加点されるとおもいます、。
おきらくな社労士
2010年11月24日 14:45
いかにも特定社労士の解答がご自分にはできるみたいな自信ですけど、思いつきの意見であり、理論の裏付けが全くありません。
必死に受験されている方に失礼千万。
社労士の品位を欠きます。
というかいかに社労士らしいですね。
今後は特定社労士の試験をテーマにブログを欠くのは遠慮して欲しいです。
2010年11月24日 19:09
おきらくな社労士さんへ
>いかにも特定社労士の解答がご自分にはできるみたいな自信ですけど、思いつきの意見であり、理論の裏付けが全くありません。このコメントににつきましては、おきらくな社労士さんのご判断ですから、その後判断内容につきましては、口を挟むべきではないので、肯定も否定もいたしません。
ただ、このエントリーに書いた内容については、反省をし今後に活かすよう改善する予定です。

>今後は特定社労士の試験をテーマにブログを欠くのは遠慮して欲しいです。
もう一つのブログの状況もあり、今後どうするかを考えておりますが、お気に召さないようでしたら、読まないという選択肢を行使していただければありがたいです。
失礼ですが・・・
2010年11月25日 00:39
少しだけ意見させて下さい。

正直申し上げまして、この間のおきらく社労士さんの言動等には失望すると共に非常に不快に感じております。

と言うのは、
受験生をお客様として商売もされている方がそのお客様(受験生)を軽視する発言を行い、
その指摘をされ、一応反省の気持ちを示しつつも、別スレッドでは、

+++++++++++++
確かに…2親等ですから、これが18親等ぐらいだと依頼を受けることは可能かと思うのですが…(笑)
ちゃかしたら、あかんか(;一_一)
+++++++++++++

と悪びれる風も無く、平然と記載されている。
まったく、あなた様の常識や品位の程度を疑わずにはいられません。

本当に反省しているなら、このような文章は恥ずかしくて書くことが出来ないはずです。

自分の意見に賛同できない方にはブログも見て欲しくないようなので、私はその様にさせて頂きます。
と共に、おきらくさんの著書は今後とも利用しない事を心に誓った次第です。

今一度、ご自分の言動等を振り返っていただくと共に、言葉だけではなく具体的な改善に繋げて頂ければと思います。

あなた様にもっとも必要な事は、
高尚な倫理感の講釈を行なう事ではなく、当たり前の配慮を当然に行なう事だと考えます。

このように感じている読者も多いと思い記載させて頂きました。
長文失礼致しました。
2010年11月25日 06:09
失礼ですが・・・さんへ
諌言ありがとうございました。不愉快な思いをさせたことをお詫びいたします。
お書きくださいました内容については、真摯に受け止めます。

>今一度、ご自分の言動等を振り返っていただくと共に、言葉だけではなく具体的な改善に繋げて頂ければと思います。

今回のことで、ブログに書くということ、ツイッターでつぶやくことの反響については、これだけの反応があるということを思い知りました。傲慢になってはいけないと思いつつ、いつの間にか傲慢になっていたのだと、戒めております。

書いてしまったことですから、読まれた方の心に残ることですので、取り消せませんが、今後については改善に向けて、失礼ですが・・・さんのご意見を心にとめてブログ等を書いていきたいと思います。

ありがとうございました。

この記事へのトラックバック