おきらく社労士のどたばた雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 紛争解決手続代理業試験お疲れ様でした。

<<   作成日時 : 2007/11/25 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

おきらく社労士は、試験を受けた方と合流して飲んでおりまして、帰って来たのは終電車にぎりぎり一杯で飛び乗り、無事帰還いたしました(笑) その折、問題を見せてもらったのですが…

   キャー!ビックリ(*゜ロ°)ノミ☆(;>_<)バシバシ

まさかこのスタイルで出てくるとは…

   Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

自信はありませんが、これぐらい書かれてあれば、部分点を確保できるのではないかと思うことを書いてみましょうかねぇ…

あくまでも、おきらく社労士の私的見解でありまして、
模範解答ではない! このことに留意してくださいませ。

あくまでも、自己責任でお読みいただきたく…(大爆)


試験の問題は、こちらでご覧になれます


大問1 
【事件の概要】

Y社の総務部運転室に勤務するXの配転拒否による解雇事件

Y社の総務部運転室を、合理化を目的とし、K社に業務委託するすることになり、当該運転手は、K社Y事業所に移籍することとなったが、当該Xは、これを拒否。Y社は、Xに対して配送センターにはいてんをしようとしたところ、これも拒否したため解雇とされた。

この問題…ややこしそうですが、承継法を考えれば途中のK社への移籍はさほど大きな問題ではなく、単なる配転問題に、移籍を言われたがそれを断ったという事実があるだけかと…

     問題を見た瞬間 暴れたくなりましたが…
      (ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸ オリャァァ! ← ちゃぶ台返し

小問1 求めるあっせんの内容

1.Xは、Y社に対し雇用契約上の権利を有する地位にあることの確認を求める。
2.Xは、Y社に対し配送センターで就労する義務のないことの確認を求める。
3.Xは、Y社に対し毎月25日限り金40万円の支払い、並びに7月および12月の賞与支払い日に限り当該賞与相当額の金員の支払いを求める。

小問2 配転拒否を理由とする解雇についてその権利の濫用で無効と主張場合の、基礎づける具体的主張事実の要旨…

ここは、論点となる部分ですが…

中央発信テキスト(P.128前後)には、
@ 業務の必要性
A 人選の合理性
B 手続きの妥当性   以上3点

おきらくノートには
@ 職種限定の有無
A 勤務地限定の有無  @とAはまとめられるのですがねぇ(^^ゞ
B 業務上の必要性
C 著しい職業上または生活上の不利益の有無(要は配慮)
D 不当な動機・目的の有無(人選の合理性)

これに沿って、具体的に両者の主張から拾い上げて箇所書にします。

ここでは、Xの代理人としての主張です。

@乗用車の運転手と職務限定で雇用され、Xは当該配転に同意していないこと
(Xは、入社以来一貫して運転手をしているので黙示の職種限定があったこと)

A配送センターへの勤務は、通勤において1時間30分もの長時間となることから配慮がなされていないこと

B仮に、移籍・配転を受け入れた場合、賃金が下がり著しい労働条件の低下となること

C当該配転拒否による解雇は、移籍を断ったXに対しての嫌がらせ的な命令で、不当な目的をもった命令であること

D当該配転命令における交渉の途中で打ち切っており、Y社は、Xに対する説明・説得義務を果たしていないこと

小問3 こんどは、会社側の代理人として、権利の乱用ではないことを主張しますが…

具体的には、2で上げた内容について反証すれば良いので
相互にヒントとして書けるわけです。

@就業規則には、「業務上の必要により配転を命ずる」行う旨の記載があり、またXの雇用契約には限定特約はなかったこと

A本件配転は、合理化に伴う業務の必要性があったこと

B配送センターへはマイカー通勤を認めており、その時には、通勤時間は短縮されること

C配転による賃金の低下はあるものの調整給を支払うことしたこと、勤務時間も定形勤務となるので著しい労働条件の低下とは言えないこと

D本社内にXが行える業務がなかったため、雇用の継続を図るためXの能力を発揮できる配転先を提案したこと

E移籍を指示した、他の運転手4人は移籍に応じていること

どうするべぇ…この部分では直接関係がない…(;一_一)


小問2,3はこのようなことを書いていれば部分点が期待できます。
おきらく社労士の もっとも苦手とする部分なのですが…


小問4 Xの代理人としての解決案

Xの復職を前提と考えた場合、Y社も本社ではXの行える業務がないと言っている以上、配送センターで勤務をすることになると思うが、賃金の低下が10%を超えており、労働条件面で交渉を試みるが、Y社との合意が見いだせないなら、退職を前提とした金銭解決を目指す。
(125文字)

小問5 Y社の代理人としてのK社への在籍出向に応じなかったことに対してY社の説明

仮にXを従前の条件で在籍出向させた場合には、他の4人も同様のあっせん申請がなされることが考えられ、同様の在籍出向を求められることとなる。これを行えば、そもそもの合理化そのものが意味をなさなくなる。また、Xに対して賃金減額の補てんを目的に400万円の一時金の支払いを提示した。以上を鑑みればXの在籍出向を検討する余地はない。
(161文字)

大問2 倫理

【事件の概要】
特定社労士甲は、顧問先A社の労務管理についてしばしば相談を受けていた。従業員B の雇止について、その相談を受け指導した。そのBから退職後の雇用保険の受給手続きにつき相談を受け指導た。 Bは、退職金が少ないとして追加として50万円の支払いを求めが、A社が拒否、あっせんとなった。 甲は、A社からもB社からも退職金の相談を受けていなかった。


小問1 Aの代理人となることができるか

受任できる。 Bに対しては、雇用保険の受給につき指導したものであり、当該事案の退職金については、A社からもBからも協議も参与もしていないので、社労士法22条2項の適用は受けない。
(85文字)

   (」゜ロ゜)」 ナント 受任できるケースが出て来た!

受任できるが、受任しない…と言う意見もありましたが、
ここは、受任できると思うのです。


小問2 Bの代理人となることはできるか

受任できない。 Bの依頼を受任したときは、A社に対する信義則違反である。他方A社の顧問をしていることにより、業務に関して知り得た秘密により守秘義務があるので、社労士法21条によりBの権利を十分に実現しえない可能性があるにも拘らず受任するする行為は、特定社会保険労務として、誠実義務違反となる。
(141文字)


一応、朝から解いてみましたが…
ちとややこしい問題でありました。

orangesrさん、shimanoriさん他皆様のコメントをお待ちしております♪

   (~ ~;)ウーン・・・ 自分の答えに自信がないもので(大爆)

ここに書いたような内容を答案用紙に書いてあれば、部分点が期待できます。
合格ラインは、前回同様55点〜60点
合格率は、55%〜60%かと…

根拠はありませんが(ええ加減なやつ)そのような気がします。



↓ ここまでお読み頂きましてありがとございました。
↓ ついでに ぽちっとクリック、お願いします。


ブログリンク ブログランキング(法律・法学部門)に参加しています。


↓ できれば もう一発 ぽちっとクリックお願いします。(^^ゞ

にほんブログ村 士業ブログへ 日本ブログ村ランキング士業部門に参加しています。



プロジェクトT(テレビドラマ化を目指してストーリを書いています)
おきらく社労士の事件簿




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第3回紛争解決手続代理業務試験決算であります。
前エントリーでは、おきらく社労士の独断と偏見による、参考解答をUPいたしましたが、今回の試験の感想その他もろもろを総括してみようかと… ...続きを見る
おきらく社労士のどたばた雑記帳
2007/11/25 13:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
審議足とは、審議すると足が出るということでしょうか?
意味わからん
2007/11/25 12:59
信義則の変換間違いと推測して、読みましたよ。
いも源氏
2007/11/25 13:02
意味わからんさんへ
すみません…「信義則」の変換ミスであります。
お詫びして訂正します。この後修正しておきます。
おきらく社労士
2007/11/25 13:12
いも源氏さんへ
フォローありがとうございます。<(_ _)>
おきらく社労士
2007/11/25 13:12
うう受かったかも(ToT)
55〜60点でOKなら部分点で取れそうです。
3月24日が待ち遠しい…
06合格新米社労士
2007/11/25 16:14
06合格新米社労士さんへ
おぉ!よござんした(^^)
倫理で10点以上あればたの部分も採点してもらえるので…後は、部分点を積み上げて60点以上あれば合格圏ですよ♪
おきらく社労士
2007/11/25 16:24
果報は寝て待つつもりが・・・。模範解答を読んでしまいました。うーん。ちょっと微妙臭くなってきたかな・・・。
ふとっちょえすあーる
2007/11/25 16:47
ふとっちょえすあーるさんへ
模範ではありません(きっぱり!) 独断と偏見に凝り固まった、きらくパターンであります。
でもね…倫理はOKだったでしょ。感想をお読みしたら、小問4,5もほぼOKだと思います。

小問2,3の書き方がよくわかっていないので… まぁ〜〜 あんまり信用しないでください。(笑)
おきらく社労士
2007/11/25 16:56
大問1は、X氏が何故ゴネてるのか
よくわからなかったです。
 
配転なら「基本給アップしてるじゃん?」
と思ったのですが

ミスプリントもあせりました。途中でいきなりX氏がK氏に変わったので『Y社・K社・X氏』の関係をカン違いして解答したかと思い、肝を冷やしました。。
 
じい
2007/11/25 20:44
じいさんへ
要は、X氏は月給40万円欲しいということであります。

ミスプリ1か所ですけど、読み飛ばしそうな部分でしたね… アルファベットが苦手な人が作ったのかなぁ(笑)
おきらく社労士
2007/11/25 20:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
紛争解決手続代理業試験お疲れ様でした。 おきらく社労士のどたばた雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる